男の人

吸水土のうで雨の日安心|ゲリラも台も怖くない!

環境に優しく

3人の男女

工場などから、作業中に使用した油やタールが海に流れてしまうことがあります。こういった油を海に流す行為は地球環境を破壊するためよろしくありません。そしてこういった油を取り扱う企業や工場では油や産業廃棄物の処理をしっかり行わなくてはいけません。しかし一度海に流れてしまった油を回収するのは困難です。こういった時に活躍するのが油処理剤です。油をそのままにしておくと海にいる微生物やさかなたちを殺してしまうことになります。しかしこの油処理剤をしようすると油が分散されて細かい粒子に変化するのです。そのため、その小さい油を微生物達が食べてくれるため結果的に海を汚すことを防いだ事になります。この油処理剤を散布した後にその散布した箇所がコーヒー牛乳のような色になっていたら成功です。細かくなり始めた証拠です。しかし黒く油が残っていたらまだ油が残っている事になります。油処理剤の量を増やしてください。そして全体的に白っぽくなった時は、全く効果がなかったという事になります。油処理剤が油よりも先に海水に反応した可能性があります。なので白っぽくなった時はもう一度油処理剤を散布してみてください。また、油なら全ての油に油処理剤は有効かと聞かれるとそうではありません。もし油をそのまま放置してしまうと、そのまま油が海上の汚れや海水を吸い込み黒くもこもことしたムースのような状態になります。こうなってしまうともう油処理剤は効果がありませんので注意が必要です。